‘フォトクリスタッフのスポーツ体験記’ カテゴリーのアーカイブ

フォトクリスタッフのスポーツ体験記 営業一部 加藤

2012年9月19日 水曜日
Share on Facebook

フォトクリスタッフのスポーツ体験記第4弾!フォトクリエイトには、スポーツ経験のあるスタッフがたくさんいます。
今回の担当は、営業一部の加藤です!「サッカー」について語っていただきました★

 

私の家族は全員サッカーが大好きなサッカー家族。57歳の母ですら、今でも現役でサッカーを楽しんでいます。そんな家に生まれ、また当時流行っていた「キャプテン翼」への憧れもあり、3歳からサッカーチームに入りました。

そして3歳から現在に至るまで、サッカー漬けの日々。

小学校では浜松の選抜チームに入り、全国大会出場を果たし、中学時代はクラブチームで全国フットサルジュニアユース大会3位入賞を記録。

高校時代はキャプテンを務めることとなったのですが、監督によく「怒れ」と言われていました。
性格的になかなか人を叱るということができず、キャプテンになった当初は悩みましたね。
そんな中、23年ぶりに母校をインターハイ出場へと導き、結果はベスト16。
あの国見に勝つことができたんです!本当に嬉しかったです、一生の思い出ですね。

もちろん肉体的にも精神的にもつらい練習はありましたが、やめたいとは一度も考えたことがなかったです。
むしろ「サッカーをやっていなかったら自分に何が残るのか」とすら思うほどで、当時の私のアイデンティティになっていたのだと思います。


ポジションはキーパー。
やはりシュートを決めるフォワードなどのプレイヤーは目立ちますが、私はあの、シュートを止めた時の快感が大好きでした。
また、キーパーは試合の全体を見ることができるので、司令塔として指示を出すことができます。
試合の展開を予測し、リスクマネージメントしながら、自分で考えてプレーができるのはとても楽しかったですね。

今は社会人チームに入り、毎週練習をしています。
最近は、他にもビーチサッカーのチームに所属して、合わせて週に2回は仕事後にサッカーをしています。
ビーチサッカーは社会人になってから始めたのですが、砂の中にボールが埋まってしまうので、攻撃の8割がキーパーのスローから始まるんです。キーパーが攻撃の起点で、攻撃も守備も全部やる。
ビーチサッカーを始めて、ますますキーパーの魅力にはまっています!

ちなみに、フォトクリエイトには「背中部」というものもあります。昼休みにスタッフと公園で懸垂をする部活です(笑)
夜はサッカー、昼はスーツで背中を鍛える!

仕事が忙しくて好きなスポーツなどができない、という方もいるかと思いますが、忙しくてもトレーニングし体を維持して、試合に勝つことはできると思うし、私はそういった時間を大切にしていきたい。
仕事が忙しくても、自分次第でいくらでも好きなことはできるんだぞ!と、声を大にして伝えたいですね。

 

最後に、3歳からサッカーをしておりますがプレーしている写真はほとんどありません。
特に小、中、高のサッカーしている時の写真は今思うととても貴重なものです。

写真は時間が経つほど価値が高くなります。
現在サッカーの種目を担当しておりますが今の子供たちにたくさん写真を届けていきたいと思ってます。

先日東日本大震災から1年半が経ちました。
東日本大震災のニュースで災害のガレキから出てくる写真を必死に探し、拾い集めている姿を見ていると何か胸が詰まる思いでした。
写真には人を動かす大きな力があると信じてます。

これからも子供たちの一生の思い出に残るお写真を残していきたいと思っております。

フォトクリスタッフのスポーツ体験記 営業一部 荒

2012年9月5日 水曜日
Share on Facebook

フォトクリスタッフのスポーツ体験記第2弾!フォトクリエイトには、スポーツ経験のあるスタッフがたくさんいます。今回の担当は、営業一部の荒です!「野球」について語っていただきました★

小中高と野球部でピッチャーをしていました。

青森県出身なので、冬の間はグラウンドも一面雪景色!
雪の中ではボールが使えなくなるので、
長靴をはいてひたすらポールダッシュをしたり、アメリカンノックも80球ほどこなします。
これは正直きついです(笑)

そんな中、高校2年生の時にキャプテンに抜擢されました。
初めはどうしたらよいかわからず辛い日々が続きました。
練習内容や、試合に負けた時の責任は今までと比べモノにならないですし、
自分のことだけでなくチーム全体を考え、他の部員のやる気を引き出す、
というのはなかなか難しかったです。

しかしこの経験があったからこそ、人の上に立つ難しさを知ることができました。

野球は、当然ですが「チームで戦う」競技です。
部員1人1人の声や雰囲気ひとつで、試合が大きく動きます!
全員が「チームで戦う」という意識を持っていないと、勝つことはできません。
それぞれに役割があり、ヒットを打つ人もいれば、送りバントでランナーを送り出す人もいます。
全員で勝つことに向かって団結しなければならないんです。
そんな中でキャプテンを務められたのは、人生の中でも貴重な経験だったと思います!


そして迎えた甲子園予選。
そこでなんと、選手宣誓をすることになったんです!
これは僕の野球人生の中でとても大きな思い出になりました。
ローカルテレビ局の取材を受け、簡単なドキュメンタリーの映像も作っていただきました。
取り上げてもらって、単純に嬉しかったですね!

これがきっかけで映像や写真などに興味を持つようになり、フォトクリエイトに入社。
現在は野球のイベントも担当しています!
仕事でも大好きな野球に関われるなんて、本当に幸せですし、恵まれていると感じます。

自分のように青春をスポーツに捧げるみなさんの写真を見ていると、
もっともっとたくさんの写真を残していきたい、とモチベーションが上がる日々です!

 

フォトクリスタッフのスポーツ体験記 営業一部 土井

2012年8月22日 水曜日
Share on Facebook

フォトクリスタッフのスポーツ体験記第2弾!フォトクリエイトには、スポーツ経験のあるスタッフがたくさんいます。今回の担当は、営業一部の土井です!「チアダンス」について語っていただきました★

私は学生時代、桜美林大学のCREAMというチームでチアダンスをしていました。このチームで踊るために大学を決めたほど、CREAMは高校生の私の憧れ。 CREAMで踊って、全国大会優勝や世界大会にも出場し、本当に貴重な経験ができたと思っています。先日行われた世界大会では、後輩たちがついに優勝し、その時は涙が出るほど感動しました。

そんなCREAMの練習は、想像はしていたけれどもやっぱり厳しいものでした。大会前は週5日の練習、合宿では1日10時間踊り続けます。 2分半の演技は、ただ体を動かすだけでなく、全員でタイミングを合わせなければなりません。各個人の技術ももちろん磨く必要がありますが、最も大切なことは、メンバーの気持ちを1つにすること。合宿のときには、夜遅くまでMTGをすることもありました。もちろん翌日は朝から練習です…!

そんな中でも続けてこられたのは、チームメンバーとのつながりがあったから。チアダンスはチーム競技なので、気持ちがつながっていないと綺麗なフォーメーションを作ったり、踊りのタイミングを合わせることはなかなかできません。私の思うチアダンスの魅力は、この「つながりを感じられる競技」であるということ。メンバーとは、大学時代は家族よりも一緒に時間を過ごしました。卒業しても切れることのない、一生の付き合いになっていくのだと思います。

そんな私の学生時代を写真という形で残してくれたのが、フォトクリエイトです。メンバ-の中には、卒業後チアダンスの道に進む人も大勢いますが、私はフォトクリエイトに出会ったことで、また違った形でチアダンスに関わることができています。 プライベートではCREAMを卒業したメンバーが集まった社会人チームで、大会にも出場しています。初めは気軽に楽しく踊ることを目的に始めたチームでしたが、やはりだんだん物足りなくなってきて、最近は全国大会にも出場するようになりました。 社会人になっても、やっぱりチアダンスから離れることはできません!

みなさんともさまざまな大会でお目にかかれることを楽しみにしています。

【チアダンスをされているみなさんへ】 今、チアダンスに打ち込める環境にあるなら、思いっきり楽しんでほしいなと思います。特に学生さん!社会人になるとどうしても時間が制約され、なかなかメンバーも集まりません。時間をフル活用して、ぜひ今の環境を楽しんでくださいね♪

 

フォトクリスタッフのスポーツ体験記 マーケティング部部長 久場

2012年8月8日 水曜日
Share on Facebook

今週から始まりました、フォトクリスタッフのスポーツ体験記!フォトクリエイトには、スポーツ経験のあるスタッフがたくさんいます。今回の担当は、マーケティング部部長の久場です!「陸上」について語っていただきました★

 

私は高校時代、陸上部で中距離を走っていました。早稲田大学に入学後は競走部に所属し、駅伝を目指す日々。しかし800~1500m中心の中距離から、20kmを走る長距離になかなか転向できなかった私は、夢途中で卒業を迎えてしまいました。   

就職後は競技生活から離れていましたが、フォトクリエイトへの転職をきっかけに、自然と走ることが身近に。トレイルランなど自然の中を走る競技に大会出場したりして、改めて走る楽しさを実感。最近になってまた本格的に走るようになりました。   

そんな中、昨年アキレス腱断裂という大怪我に見舞われたんです。原因は、スポーツとは全く関係なく、息子との「戦いごっこ」(笑)約10カ月走れなくなりました。その時は本当につらかったですね。復帰時には、走れることはなんて素敵なことだろう!と思わず感動してしまったほどです。

学生の時は、とにかく速く走ることだけを考えて走っていました。正直、当時は走る楽しさに気付いていなかったですね。しかし大人になって、競技とはまた違ったランニングの魅力にハマりつつあります。箱根駅伝に挫折し陸上から少し遠ざかっていましたが、この年になって、自然を楽しみながら走るトレイルランをきっかけに、学生時代の「速く走る」から「楽しく走る」へシフトしたんだと思います。

現在の目標は、海外進出!上海マラソン出場を目指し、週に50kmほど走る日々です。みなさんと色んな大会でお目にかかれることを楽しみにしています!   

 

【久場のオススメ:スポーツアロマ】  最近ではオリンピック選手も始めているという、アロマオイルを使ったスポーツマッサージ。 体の芯から疲れをとってくれますよ!ぜひ試してみてください。