フォトクリスタッフのスポーツ体験記 営業二部 石川

2012年10月31日 水曜日
Share on Facebook

春高バレーに出たい。
高校2年生の時、この夢が叶いました。

中学からバレーボールを始め、高校はバレーボールの4強と言われる学校を自ら選んで進学しました。
練習はもちろん厳しく、当時はお盆も正月もありませんでした。
正直、やめたいと思ったことはあります。しかし、朝から晩までずっと一緒に辛い練習を乗り越えてきたメンバーがいてくれたおかげで、辛い練習も乗り越えることができました。
家族よりずっと一緒にいましたから、結束は本当に強いです。
もし1人だったら、乗り越えられていたか正直分かりません。
私はアタッカーだったのですが、ボールを拾ってくれた人、あげてくれた人のために打ちたい、といつも思っていました。
私の調子が悪い時にも、意図的にボールをあげてくれたりするんですよ。
「美幸に打って欲しい。」そんな思いが伝わってきて、いつも以上の力が出るんです!

そして高校2年生の時、憧れの春高バレーに出場しました!
結果は1回戦敗退でしたが、出場できたことに大きな意味があると思います。
ずっと応援してくれた両親に喜んでもらうことができましたし、
学校の友人もたくさん応援に来てくれて、本当に嬉しかったです。
普段の試合とは違う高揚感があったことを今でも覚えています。

つらいとき、挑戦するとき、私の合言葉は「やればできる!」
4強の高校へ進学を決めたときも、無名中学からの進学だったため、
中学時代の精鋭が集まる高校ではスタートした時の実力に雲泥の差がありました。
練習が終わった夜は、いつもバレーボールの映像をスローで見ていました。
自分と同じくらいの背格好の選手のフォームや特徴を徹底的に研究したことで、
早いスピードで成長することができました。
「やればできる」を確信した瞬間です。

この時代の経験があるから、今たいていのことは辛くないと思っています。
メンタル的にも体力的にも、当時以上に辛いと思うことはほぼありません。
「やればできる!」バレーボール時代に得たこのマインドは、私の人生の挑戦をいつも助けてくれています。


 

コメント / トラックバック1件

  1. プラダ バッグ…

    I’m curious to find out what blog system you happen to be using? I’m experiencing some minor security problems with my latest website and I’d like to find something more risk-free. Do you have any recommendations?…