文化系社員のマラソン日記 7/10

2013年7月10日 水曜日
Share on Facebook

スポーツ経験皆無のフォトクリ社員、黒崎加奈絵が、
フルマラソン出場を目指して奮闘する日々を綴る連載第14弾です。

 

東京では先日梅雨明けが発表され、すっかり夏の空。
暑い夏はランニングに不向きな時間帯が多く、外は炎天下。

脱水症状に陥る危険性もあり、普段以上に注意が必要ですよね。

なので最近は、夜ランと、木陰の多い山でのトレッキングにハマっています。

本当は早朝の気持ち良い気候の中走りたいのですが、早起きが苦手で、涼しくなる夜に走るスタイルに落ち着いています。
先週頃までは風が気持ちよかったのですが、梅雨明け以降は夜でもムンムンと暑いですね。

先週は、去年も訪れた上高地へ行ってきました。
東京では最高気温34度と出ていたのですが、曇りだったこともあり上高地は20度前後。

コテージから明神池というところまで約2kmのハイキングコースを、ゆっくりとランニングしました。
キラキラ光る小川を眺めながら、緑の中を走ります。

そしてたどり着いた明神池には圧巻!
目の前が美しい湖畔でいっぱいになり、幻想的な光景でした。

マイナスイオンを浴びて、壮大な景色の中走るのは本当に気持ちが良かったです。
3ヶ月に1度くらいは大自然に出かけたくなります。

秋にはハーフマラソンに出場したいと考えていますが、暑い夏の過ごし方は重要ですよね。
一番のお気に入りは、涼しい避暑地で緑を眺めながらのランですが、日常の中でも、どうにか涼しく走る方法はないかと模索中です。

コメントは受け付けていません。